車に装備について

車の装備について

 

少しでも車買取相場より高く売るコツはなんでしょうか?

 

車に付いている装備やオプションがポイントになります。

 

例えばカーナビ。

 

カーナビが付いている車と付いていない車では付いている車の方が査定額はあがります。

 

これは純正品だったとしても市販品だったとしても同じ事です。

 

今カーナビが付いているのであればそのまま付けて売った方が車買取相場よりプラスになります。

 

また新車購入時にメーカー側で、オプションが色々付いてきますよね。

 

それは純粋にメーカー純正のオプション品です。

 

そのオプション品も付けたまま売った方が査定額がプラスです。

 

こうしたオプション品や装備品で査定額がプラスになりやすいのは、先ほど挙げたカーナビや、オーディオ、サンルーフ等が挙げられます。

 

これらは車には是非付けたい物ですので、付いていた方が買取額も高くなります。

 

自動車、中古車としての価値が上がるのでおすすめです。

 

ただしボロボロで故障している物であれば、査定額はプラスになりません。

 

メーカー純正でも市販品で自分で取り付けた物でも査定額は高くなります。

 

しかし、どちらかと言うとメーカー純正品の査定額が高くなる経口にあります。

 

過剰に色々とパーツを取り付けている車が有りますが、こうした車は必要最低限を超えている場合、各買取店の判断になります。

 

車検が通らない位の装備品を付けている車の場合は査定額が逆にマイナスになる可能性もあるということです。

 

この他にハンドルやホイール、マフラーについても査定額に影響します。

 

買取業者と相談した上で純正品に戻すなどして売却してください。

 

 

少しでも高く車を売りたいならこちらをご覧下さい。

 

日産車高額見積もり